消費者金融審査の必要書類は何があればいいの

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが

大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはネットにまとめられている

ランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

人気が高い金融機関の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。