消費者金融審査が口コミに件に関する情報

消費者金融でお金を工面する

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融と銀行カードローンとは

銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円と限度額も高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。