消費者金融審査が口コミ件をまとめてみた

消費者金融で融資を受ける

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を減らす有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融と街金の違い

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。