看護師転職サイトは使わない方がいい?業界の裏事情とは?

辞職したいと考えている看護師は、実際、とても多い数になっています。

一番の理由は、きつすぎる労働で体調不良になってしまったり、給料が不満であったり、職場の複雑な人間関係で精神的に切羽詰ってしまったりといったことが多数です。

よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。

なので、辛いと感じることも多いでしょう。

勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。

ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどんどん疲れていって、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。

総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、病院外の看護師の仕事場として保育園がある事をご存知ですか?保育園に勤めるということで、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、適任の職場だと言えます。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切な仕事です。

看護師が派遣で仕事をする時には、色々なメリットやデメリットがございます。

まず、良い点としては長い期間働く必要がなく、都合や条件に合わせて他の職場に自由に変われることです。

悪い部分は、昇給やボーナスがないので、同じところで長期的に勤務するには適さないことでしょう。

ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。

いわゆる課長職でも、その年収は企業によって違うように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。

あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。

具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だと見られています。

看護師には、悩みごとの種が結構あるものです。

看護師という職業は仕事量が多いこともあって、人間関係に疲れるケースが多いといわれています。

収入が良くても、その分だけ悩みがたくさんある職種といえるので、辞める人が多い職場もあります。

残業すれば残業代が出るというのは普通のことです。

ですが、看護師の場合、その状況によっては、残業代が十分に出ないことがあります。

特に転職をしてきたばかりで転職先に不慣れな場合は、残業申請を出しづらい雰囲気があるものです。

看護師の職場での労働環境改善につなげるためにも、残業代がしっかりと受け取れるようにする必要があります。

看護をお仕事とする人々の勤務先というとまずは病院が頭に浮かぶのが世間では普通でしょう。

ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院という場だけではないのです。

参考:看護師求人サイトランキング!転職サイト比較術【給料UP&待遇改善】

保健所というところで保健師と協力して、地域住民の日々の健康管理などを行うのも看護師が出来ることです。

また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、看護師がほとんどの医療行為を行います。

病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤が必須の職業です。

実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。

2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。

3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。

希望する病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。

看護師の男性の給与はいくらか知っていますか。

賃金自体は女性の看護師と違いはありません。

そのため、男性看護師と女性看護師で大幅な違いが出てしまうということはないのです。

給与の詳細な金額は勤務先の職場ごとに変わっているのですが、他の職業よりも給料がよくなっています。

看護師転職情報サイトの看護系のお仕事は、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、その他にも一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録することで思いもしなかった好条件の転職先を紹介してもらえる可能性があります。

担当コンサルタントによる手厚い対応も特徴のひとつとしてあげられているそうで、可能な限り細かな要求にも対応していただけるようです。

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。

ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、難点を補って余りあるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。

基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みはクリニックや病院の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。

3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも珍しくありません。

むしろ、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。

看護師の平均的な収入は、激務である割に、それほど高額ではないのが事実であるようです。

そのため、いつもよりよい賃金を支給してくれる勤務先を希望して転職のために活動している人がいるのです。

給与が高額な病院は、やはり人気でめったに求人が出ないので、看護師専用の転職サイトなどを利用して、転職のために活動している人もいます。

看護師は寝返りが困難な患者の体の位置を変えることや、一人で食事をとることのできない患者さんの介助、下のお世話といった体力仕事も多々あります。

その間にも、他の患者さんからナースコールがあれば、速やかに応対しなければなりません。

おまけに、入院中の患者がちょっとでも楽しい入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事のうちです。